--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 04. 09  
さて、行って参りました、日生
えらい久しぶりな日生に、なんだか嬉しくなっちゃいました
ま、繰り返すようですが、帝劇の方がすきですけどもー←。

この幕を開けるにつけて、滝様の並々ならぬ想いを感じることができた気がします
いつだって滝様は、北方面に気持ちを向けて
そして、自分に何ができるのかと考えているのだなと
支えてもらってる恩返しをと考えてらっしゃるのだと思いました

被災された方々が、いつか、笑顔で舞台をまた見れるように、舞台を続けていくことが、滝様に今できる事

という決意なのだと思います




だーっと赤幕前に走ってきた野澤君を見てドチドチ★
でも、舞台横に捌けるときに若干蹴躓いたの見て、少し笑ったとか内緒←。

口上はすのまん。からはのんさなだけです

はっぴー、かきぴー、俺さなぴー←すませ。自信がない。

今日も祐樹100%で頑張ります


のんさなはすのまん。と別行動な春の踊りでしたー
いやー★
わさお確認できる衣装ってすばらしいね!!!←ど変態
いやさー
だってさー
野澤君のわさお解禁って結構嬉しかったんだよ
あれ、いつのことでしたっけ?
高校2年生?
1年生のときとか、のんたんず。で高校生のくせにわさおがないのはおかしいとか変態会話を繰り返していた気がする(笑

で、いにしえは途中でいなくなっちゃうけども、やっぱり舘様の後ろでして。
顔の使い方とか全然違うから、またこれも面白いのです

★「乱」

滝様10役乱ですがー

①義経
②弁慶
③信長
④光秀
⑤芹沢
⑥沖田
⑦天草
⑧大石



いや、ほら
どうしてもバックばかりみてしまうから…
追々見ていこうと思います

去年は1幕とかのんさなよ、どこへ?って感じでしたが、今年は出番を頂いておりますー

新撰組のところでは、切りかかる隊士組
上手
天草四郎を討伐する幕府軍
下手?センター?

★「NEW MASK」
ちょっと、こしおさんに見とれている間に野澤君の出番が過ぎておりました←。
今年もちゅうしてますか?←誰に聞いてる
スクリーム!のあたりからは見てましたけどもね
野澤君の全力は、あれではないと思います
つまりはもっとかっこよく踊れますってことですよ!
次からはちゃんと見るってばー←。

★変面太鼓
のんさなは一番後列のドラムです
去年、はっしがいたとこですかね
水しぶきがあがるドラムです
あのね
野澤君って言わずもがな、身長高いじゃないですか
腰を落とさないと、どうしても前屈みになるわけですよ
叩くときはね、力を入れるから自然とそういう姿勢になるわけだけども、待機してるときがいただけない感じになるんだよ!!!
待機担としてはね、いただけないんですよ!
ね、野澤君、バランスを取るためにも、もう少し足の感覚を開けて待機してみたらどうだろうか
しかしね
野澤君の肉体を長時間にわたって拝むことができるんですけども、やっぱり男らしくなってきたよね
ゴツゴツしてて「男」を感じるのです
それでも鳩尾以下の筋肉の隆起は、つけた筋肉というよりは、余計なものがないから見えてる筋肉の感が否めないわけです
に、加えて
やっぱり野澤君っておっぱい小さいよね←いい加減セクハラだからやめてください。
yueさんは、野澤君の胸よりも、ずっと血管が浮き出る腕と手首を見ています
ゆまくんは、やっぱりちょっと鳩胸チックよね★
ってか、あそこの並びってJAEのお兄ちゃん達がサイドに揃ってるわけで。
それはそれは、もうすばらしい肉体ばかりでして、大人の(笑
その中で、あっこに入るのも祐樹いるよね、野澤君。
ってか、はっしの肉体、エロかったんだねー。そう思うと←いい加減に。

★「REVENGER」
最初のとこのたちゅみ&こしおさんばかりみてしまうのは病気です
今年も屋良君とTheyさんのロボットりべんじゃ。
ってか、江田君の上手に対するあのきゃわぶりが変わってなくてさ
「ずるいんだよーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!」って叫びたくなります
すのまん。スポットでは野澤君はドルフィン。
ちょっとぐらついたかな
でも、大好きなセンター→上手の顔上げがあって、大いに高まりました
も、大好き過ぎる!!!
その後のばく転とか、その後のしたり顔とか
ちくしょう、なんで野澤君がこんなに好きなんだよー!!!
あんな仕打ちされたのに!!!
最後に立てひざして、右手のばして、右手指下の後に暗転。
とか好き過ぎる
はぅぅぅぅぅぅぅぅぅ


★「滝沢一座」
福辰の滝様白塗り時の掛け合いも楽しさ満点★
今年は、水は節約なのか、演出がないので、お掃除はしませんけどもね
福ちゃんが、今日は誰を見にきたの?って聞いたら、お客さんに「福ちゃん」って答えられて、大いに照れる福ちゃん
たちゅみ君も負けじとお客さんに聞くも、福ちゃんにさえぎられる(笑

こしおはキスマイのマネージャー役で登場なんだけども
黒縁メガネに黒スーツで超萌える★
で、宮田君のヲタクダンスをこしおもするし
横尾さんが好物を叫んだ後にこしおも
「カレーライスー!!!」って叫んだりで、も、超きゃわわです
※ここは福辰がキスマイに無茶振りするコーナーらしく、二階堂君には翼君の物まねをさせていたよー

そして、今年も座長ラブな黒子の松崎さんも健在です
今年も唇を奪えるのかしら←。

・浜松屋
十三郎→井上
日本太平→大塚
菊之介→れいあ
利平→橋本
力丸→岡田


昨日もあげましたが、娘組が若返っております(笑

娘達に「おじさん」って呼ばれるゆうちゃんず。
こしおが胸に手をあててショックを受けてる様が超カワユス★です

も、ここは何をとっても超楽しい時間でございます
因みに、辰巳君がれいあ君をお盆で殴りつけますけども、超優しかったです(笑


・娘道成寺
★問答
やはり中心にくるのは笑顔の素敵な今ちゃんです
で、小さなすのぷり軍団が失礼千万な問いをしてくのです
「たっキーって誰?」みたいな
そのたびに、横尾さんが
「タッキー&翼の翼じゃない方」って身を乗り出して説明してくれます(笑
歌舞伎の説明はキスマイさんが担当
その説明を聞きながら、上手はしで真剣にうなずくのん。
やっぱり坊主のずらは、しょたさんが一番お似合いだよ←。
昨日はあべべがいなかったので、また変動するのでしょうが、下手から
ふっか、ゆまくん、しょた、横、二階、千野、岸本、羽場、今野、栗田、宮田、千賀、ひー君、舘様、のん

演目では、去年のふみと。→ゆまくん、とつ→のん。という感じでして
小さい子を目の前にした野澤君の笑顔が優しすぎてどうしようかと(笑
上手に引っ込む時に小さいこの肩を抱いてはけるのだけども、「誘拐犯!」とか思ってしまった人←。
壇上は下手上段から
山下、越岡、辰巳、林、山本、高橋、村治、加藤、野田、稲葉、福士、秋山
下段は
江田、松本、後藤、冨岡、池田

今年もたちゅみの堪え顔を拝みたいです…
誰か、五関様の代わりに挑戦して!!!

・櫓のお七
今年も野澤君はゆまくんと一緒に火の精です(笑
下手
ゆまくんと2人きり★
で、2人で手をとりあってぐるぐる回ったりするのだけども、2人してアイコンしたりして
いやだいやだ!!!←大好物さ
やっぱり手を伸ばしたときの腕とか、うちの子が一番だと思っています

・土蜘蛛
一応、解釈としましては
屋良君→土地の支配者
滝様→屋良君達によって虐げられた一族
で、滝様一族の復讐劇ってとこなんでしょうかね?

今回、すのまん。みんなして屋良君軍です
みんな同じ衣装着て踊るっていうのがこれぐらいで感動しますヲねー
刀持ちです
去年のはっし達のダンス
最初にのん。がゆまくんから刀を受け取るとことか★になります
両手あげて、足だけ動かすやつとか、斜め1列になって剣の舞みたいな

で、土蜘蛛が巻き起こす嵐にひっしと耐える野澤君の苦悶の表情とか見てると、去年よりも作品に対する理解を深めて、これに臨んでいるのかしら?とか思う盲目野澤ヲタク

今年は下手はしでかぶいて1幕終了です












さて、続きからは去年の自分の考察をベースに2幕の将門話をまとめておこうかと思います
その方が後の観劇がスムーズかなと。



そういうのが嫌いな方は覗かないようにー★
yueの至極勝手な解釈です



★★★

物語冒頭のホラー映像は、去年よりぐろくて気持ち悪いです
えぇ
気持ち悪いので胎教によろしくありません。←。
ホラーが嫌いな人は目を瞑っていた方が懸命かと思います

1人のお侍?公達?が呪いの刀を抜いてしまうところから


1人の少年が、橋の上で妖刀を抜いて呆然としている
その周囲では、争いに巻き込まれ、逃げ惑う民衆

時は荒廃した世
おもしろおかしく暮らせるのは京にいる貴族公達のみで、庶民は朝廷から課せられる重税に暮らしを圧迫され、常に貧困と戦っていた。

朝廷に仕える豪族の1人である将門は、朝廷による討伐等の度に土地を荒らされ、更に貧困に陥っていく民を見て

「自分が国を変えたい」

と考えていた。
しかし、それを叶えるために将門がとった手段は暴力だった。
邪魔な人間は親族であろうが手に掛けた。

容赦なく、人を斬っていく将門に朝廷は恐怖していた。
(岸本、松崎さんが貴族で、晴明な福ちゃんも健在。口々に「将門死すべし」と叫ぶ)
そんな朝廷が将門暗殺のために雇ったのが半蔵
野心に燃える半蔵は、将門を殺してやると誓う

時に、帝に近しい藤原行平(辰巳君)が平将門暗殺命令を出したが、将門にそれを察知され、逆に、自分の家来である兼盛(ひー君)とともに暗殺される。

行平暗殺の方は直ぐに朝廷を駆け巡る
貴族やそれを守る者達は、帝に逆らうなど、将門はただではすまされないと騒然とする
(幸宏君達)

ある時、将門の前に一振りの刀を抱いた少年が現れる
刀を抜いた少年は太郎丸(岸優太)
妖刀を抜いた太郎丸は何故か将門に惹かれ
更に将門も妖刀を抜いた太郎丸に興味を示す
「お前に地獄を見せてやる」といい放ち、今日から俺に従えと、太郎丸を従わせる将門←乱世を生き残るには太郎丸みたいな幼い子供が1人ってのはつらいから、俺が面倒を見てやるってことだったと深読みしてみる。

将門は妖刀に宿る怨霊の力を自分の力の助力にしようとしていた

そんな折、五郎、三郎から朝廷の意を聞かされる将門

帝の弟を将門が斬ったと、朝廷が知る事なる

暴虐な将門から民の心は離れて、将門は天下の大悪党として名を馳せるようになる。

時を同じくして、貧しい出の半三は「大悪党の将門を殺して、俺が更なる大悪党になり、俺が天下をとってやる」と意気を荒くする。(屋良さん、宮田君、横尾さん)←五関君が演じてたキャラに近いのが宮田君。塚ちゃんキャラに近いのが横尾さん

半三とその仲間は、朝廷の手先となり、勅命のとおりに、自分達の出生の地でさえ焼き討ちにし、村人を惨殺していく。
(殺される村人→深澤、渡辺)←しょたの命乞いとかさ。しょたふかの殺され方とか好きなのです
その焼き討ちの最中に突如現れる藤原治団(千賀君)
治団は?と鬼きち、くろうじ(山亮ちゃん、ゆまくん、のん。)の3人の手下を連れて、義賊のようなことをしていた。
手下達が言うには、治団は元貴族であり、貴族であった父親が将門に殺されたために落ちぶれて、今は盗賊まがいのことをしているというのだ。
半蔵は、自分と同じように将門を殺そうと持ちかけるが、治団はこれを拒否するのだ。
治団は半蔵とは違う考えをもって行動しているようであった。

日増しに悪名高くなる将門。
そんな将門に心を痛めていたのは、藤原秀郷であった。(腰岡君)←こっしの秀郷、かなり好き★

同じにこの世の安寧を願う秀郷は同志である将門の後ろ盾としてその身を案じていた


将門の家来である豊田郷の三郎(高橋竜君)と五郎(佐久間)

三郎は将門から「維盛を討て」との命が下っていたものの、将門の叔父である維盛を殺すのをためらっていた。
五郎は、親戚縁者まで殺したら自分達も大悪党だと尻ごみする。
そこへ将門が何かを抱えて帰ってくる
将門が三郎の前に投げ出した包みを開けてみると、それは維盛の首だった。

将門は三郎に言う
「思い立ったらすぐに実行するのだ」と

将門は三郎、五郎に国の宝とはなんたるかを尋ねる
すると五郎は「金銀の財」であると答えた
将門は五郎に
「手に入れたくば命を惜しむでない」と言う

将門は言う
「誰かが豊かになれば誰かが滅びるのだ」
それを聞いた三郎五郎は、将門は財宝はいらぬのかと尋ねる
将門は財宝にも地位にも興味がないと

五郎は正直に「私は欲しい。そこまで人ができていない」と自分の野望を語る
三郎が黙っていると、将門は「お前の野望は国を手に入れる事だろう」と言い当てる
「お前は天下をとった将門を殺すことができるのだ」
2人に将門は言う。
野望のためには誰も信じるんじゃない

そこへ、伝令がやってくる。
将門の後ろ楯であった藤原秀郷が将門討伐軍の大将に任じられたとの報告
(幸宏君の伝令)
朝廷は信頼関係で結ばれた将門と秀郷を対立させるような形をとって、将門を追い詰めようと考えた。
汚い朝廷のやり方に、将門は腹を立てる

将門と秀郷

2人はそれぞれのこの世の平和を願っていた
が、将門は自らが天下を取る事を望み
秀郷は、今の朝廷制の中で地位を上げて世を変える方法を考えていた
同じ目的なのに、その道は分かれてしまった
秀郷は将門に「逆賊となるな」と諭す

逆賊として追われてる将門を半三が殺しに来る。
半三は将門を追うが、大悪党の将門には7人の影武者がついており、追い詰めても追い詰めてもその実体に辿り着く事ができない
果たして影武者は人なのか、術によるものなのか

将門はもはや、人ではなく「何者」かになっていた。

半三は将門に敵わなかった



その頃、治団達は毎日の生活を盗みによって立てていた
無邪気に船から金銀を失敬しようと相談する鬼きちとくろうじ
そんな2人を冷静に見守る?(山亮)
そして、考え事に耽る治団
一緒に船を襲撃しに行こうと誘う鬼きち達を断り、考え悩む治団
また、貴族からは「将門を殺せば、また貴族に取り立ててやろう」と持ちかけられるも、貴族になんぞ、もう興味がないのだと拒否する
治団は、将門の行動の本意を見極めようとしていた。


何者かになった将門
将門(影武者を式神だととらえてるのだと思われる)を調伏するために、陰陽師、安倍晴明(福田君)も挑むが、効かない(江田さん以外はJAEのお兄さん達かな)

将門討伐の大将であるにも関わらず、将門に対し、厳しい態度を取らない秀郷に、朝廷から罰が下される(やっぱり秀郷をなぶるのは舘様です(笑)手を下すのはJAEのお兄さん
容赦なく打ちつけられる秀郷を見て、思わず自ら朝廷へ乗り込もうとする将門に、秀郷は「来るんじゃない」と叫ぶ

自分のために命を無駄にするなと叫ぶ秀郷

朝廷によって痛めつけられた秀郷は「帝に殺される前に、将門にやられるならば本望だ」と語り、将門の手で命を落とすことを望む
秀郷は将門の手によって殺される

将門の幻影に悩む半三
半三にも戦う理由があった
半三には遊郭に売られた妹があった
貧しくなかったら、幼くして離れ離れになることもなかった妹
また、半三の仲間も乱世を受けて、生まれた時から親をしらなかったり、親を殺されたりと
そんな身の上の者ばかりだった
そんな悲しい世の中を終わりにしたい
半三もまた将門と同じに、乱世を鎮めたかったのだ
半三は決意を固める
「俺に天下を取る事はできない。けれど、将門も天下は取れない、大悪党がこの世の王になってはいけない」


秀郷がなしえなかった将門討伐に新たに抜擢された大将、藤原高明(松崎さん)
高明が5万の兵と共に将門討伐に掛かったとしった将門軍
高明は金銭を兵の前にぶら下げて、将門の首を取った者に大金を与えるとした。

将門から改めて身の振り方を尋ねられる三郎と五郎

三郎は、朝廷側につくと、去り
五郎はどちらにもつかず、この戦いの行く末を見届けると言い残し去る

残ったのは、将門と影武者の捨十(ニカさん)1人だけ
太郎丸が東北より修行から帰ってきたが、将門は自分がなくなった後のことを頼むと未来を託し、この戦いに参加させなかった。

高明は更に「手柄を立てたものには、貴族へ取り立てるのと同時に丹波の領地をやる」
と兵に発破をかけた。

五郎が見送る中、将門と捨十は2人で討伐軍に戦いを挑む
決意を固めた治団とその手下が将門軍に味方をする。
しかし、圧倒的多数の軍勢を前に治団、その手下3人は死んでいく。←山亮ちゃん、のんさなにも見せ場があるんだぜ!

壮絶な戦いが繰り広げられる中、捨十が最後の影武者として死に行く
間もなくして半三と将門が相対するが、やはり、半三は将門には勝てずに殺される。

しかし、瀕死の重傷を負ってしまった将門は自らの死期を悟っていた
将門はつぶやき続ける
この国を普通の国にしたい
普通の・・・
貧困のない、笑って過ごせる普通の国

そんな将門に、瀕死ながらも治団が話しかける

俺は父を将門に殺されたが、父を殺され、おちぶれて初めてわかったことが幾つもあったのだと。
貴族の時は、市井の者がどんな思いで、どんな暮らしをしているのかわからなかったと。
将門は、国の将来のために戦っていたのだと、知った
だから、憎かったけど、殺さなかったんだと
国を変えようと行動できる将門がうらやましかったと。

そして、将門の手で死に行き、あの世へ行きたいと語る。

そう言い残して息を引き取る治団。
そんな治団の横で

人生の一瞬で色んな事があった。
一瞬の間に全てを生きた。

そう、自らの人生を振り返ると、将門は動かなくなった













みたいな。
結局妖刀のストーリーは生かしきれていないのは否めませんな

ま、あんまり太郎丸が絡んでこないからだろうが。
太郎丸が若くなっちゃったので、そこまで演技を求めるのが酷だったのかな
初々しくて、フレッシュでyueさんは若い太郎丸も好きです
治団が最後に出てきた時には「えぇ?治団に語らせるの?」みたいな(笑
でも、千賀君が思ったよりもいい演技をしてくれました

あの中で少し残念ーなのは宮田君と横尾さんなのかな?
あまり目立てない
ってか、横尾さん。
活舌がよろしくないのは存じ上げてますが、もう少しがんがって頂きたい
やっぱりね
そこは、直さなくてはならないですよ
だってこれ、舞台だもん。
yueさんは笑って終わりにしませんよ。
だってこれ、舞台だもん。


のんさなは、びっくりするぐらいちゃんと舞台の中で手下になっていたんですよ
手下の衣装ってのは、戦国時代で言う賊のものなんですよ←最初に見たときに吹いたのは内緒
髪の毛長いし、かんざしささってるし、布が幾重にもなっている
文化として大成した歌舞伎じゃなくてさ、「かぶきもの」としての手下がそこにいるんですね
そんな衣装から伺い知ることができる設定を踏まえて
鬼きちとくろうじが、台詞のないところでお互いを構いあってるのを見ると、一層楽しいです
のんさな萌えとは別に、役として、2人がふざけあってるのが見えるのね
ちゃんと2人が考えて演じているのがわかるのですよ
なんかねー
今まで舞台の数を踏ませてきて頂いた成果が少しずつでているようで嬉しいです

二階堂君の捨十は、これから上演中に育っていってくれるんだと思います
あまり、舞台の上の二階堂君を知りませんから、どういうキャラの方向で将門と絡んでいくのかなって楽しみです
昨日は「雑だ!」ってさんざん言われてましたけども
どうやってもふみと。と比べられてしまうのは仕方ないのですけどもね
同じでなくていいのですから、二階堂君なりの捨十を見せていってくれたらいいなと思うのです

そして、越岡君の秀郷がー★
ってか、yueさんがどうしても歌舞伎が始まっちゃうと越岡君見ちゃう病気(笑)ってのもあるのだけども
たまらないです←NEW MASKでこしお見すぎて、うっかり野澤君の出番見逃すとか、事件です
あの優しい語り口調が
あと、福ちゃんの晴明さんも、「敗れたり将門~」を聞かないとすとん。とこない

とみけんも相変わらず麗しゅうです
あのしっかりした首に、さらさらと掛かる髪
殺される瞬間、セクシー★

五郎君は上手の「どや。」がカットされてしまったのかな
残念

スポンサーサイト
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
野澤祐樹★78回目
NEW Topics
はっしーが可愛くて夏
少年倶楽部プレミアム2017.6.16に野澤君
身長が高いというより縦に長い
Voiceとお返事
野澤祐樹君、入所日おめでとう★12周年
Entry TAG
滝沢歌舞伎   野澤祐樹   MisSnowMan  
Comment
Trackback

たった10分でセクハラエロ上司を黙らせます!

もしもあなたが、職場の上司から毎日執拗に幼稚で不当なイジメを受けていてとても我慢できない状況ならちょっと待ってください。会社を辞める決断をする前にお教えしたいことがあります。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

yue

Author:yue
★書いてる人★
yue
三十路女
赤西仁きっかけでジャニヲタの世界に片足を突っ込み、現在はNが所属していたMis Snow Manがまるっと大好き。
のんあべとか、のんさくとか、のん舘あたりに沸く。
基本ジャニーズの人々が大好きです。
現在、仕事しながら愛息を育て旦那の世話をするワーキングマザー的な事をしています。
毎日時間に追われて、ヲタク的にはお茶の間しています。
でも基本はステージでN君が踊っている姿とか、待機してる姿とか、走っている姿とかが好きだったりします。
基本、彼と一緒で平和主義ですから、無害です。
けなしつつ、それでも大好き★な愛情方針ですから、どうぞよろしくお願いします。


★ブログに登場する人★
・旦那ちゃん(ちゃんと普段は主人と言ってますから安心してね)
ジャニヲタを嫁にもらった人
でも、自分もバイクヲタクだからジャンルは違えどヲタクの気持ちがわかる
愛車は848
46の人と、58の人のファン

息子(便宜上ちび殿と表記しています)
2011.5.10にこの世に出る
お腹にいる時は臨月まで滝沢歌舞伎に通わされる
ジャニヲタになるかバイクヲタになるか2択を迫られる
とりあえず、超可愛い←親ばか
きっと野澤君も可愛がってくれるはず←え。
2012.5
ジャニヲタデビュー戦
滝沢歌舞伎子どもの日公演にて果たす
最前でイケメン達のファンサもらい放題で母、ジェラシー(笑)お兄ちゃん達は優しいのう

月別アーカイブ
お友達何人できたかな
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ちょっと気になることのは。
ブログ内検索
FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。